介護派遣会社ランキング|評判・口コミの良い人気 大手会社で安心の働き方

介護派遣会社ランキング

[介護職 年齢制限]シニア世代で介護職の挑戦は派遣がおすすめ

シニア おすすめの介護派遣会社

  • 未経験・無資格OKの求人が豊富である
  • 資格取得支援制度がある
  • サポート体制の整っている会社であること

介護職 年齢制限はない

介護職に年齢制限はありません

介護職に関わらず雇用に年齢制限をつけることは原則として禁止されているからです。

年齢制限禁止の目的

  • 年齢制限禁止の義務化は、個々人の能力、適性を判断して募集・採用して いただくことで、一人ひとりにより均等な働く機会が与えられるようにす ることを目的としています。
  • 少子高齢化のなかで、我が国経済の持続的な成長のためには、個々人が年齢ではなくその能力や適性に応じて活躍の場を得られることが重要です。

参考その募集・採用 年齢にこだわっていませんか?

例外事由において年齢制限を行うことは認められています。しかし、介護職においては国の方針でシニア層の積極的な採用を促しています。

厚生労働省発表のデータに夜と2025年に約248万人の介護人材が必要と試算されています。

現状からでは約30万人不足する見通しなので人材確保の一環としてすそ野を拡げる戦略をとりました。その結果として以下の図のように中高年齢者(シニア層)を採用を促しているのです。

定年退職後の就職先を後押しする動きがある

2018年10月時点のニュースによると東京都では企業や学校を定年退職を迎える前に介護職の魅力を伝える講習を行なっているそうです。

東京都は介護職の担い手を増やすため、企業や学校を退職する前の社員・職員向けに介護職に精通した人材を講師として派遣する。介護福祉士の養成校の講師らによる講習を開き、介護職の魅力などを紹介する。都内で急速に進む高齢化をにらみ、シニア世代の退職後の就職を後押しする。(中略)

講習は無料。介護保険制度を分かりやすく紹介するほか、介護職のやりがいなどを説明する。テーマやプログラムは今後対策が必要になる認知症など、企業のニーズに応じて策定する。

都の推計では都内の介護職員は25年には約3万5000人が不足する。都民が介護の仕事に関心を持つ機会を増やすことで、高齢社会の支え手を確保する。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36556180W8A011C1L83000/

「介護職はハードだから定年後は出来ない。」というイメージも持たれていますが、政策としてロボットや外部産業とのコラボレーションを通じて質の確保を目指しています。

例えば、給料に関しては処遇改善手当、資格取得支援制度、キャリアパスとひと昔に比べて労働環境が整いつつあります。

そのため、定年後の新天地として選びやすくなってきているのです。

介護職 50代 未経験の人は多い

介護職を50代で始める人は多いです。

リーマンショック、東日本大震災をきっかけに新しく未経験から福祉の道へ入る人のインタビュー記事が多く存在します。

仕事をしなければという現実と、本当に仕事に就けるだろうかという不安を抱えながら、若い人たちにも負けない仕事をとたどり着いたのが介護でした。自分の身に降りかかることの準備もできるという思いもありましたね。

参考未経験や50代入社など、介護スタッフには大丈夫がいっぱいでした。

58歳のときにそれまで続けていたエンジニアの仕事を辞め、福祉業界に飛び込みました。未経験から介護ヘルパーの資格を取得し、グループホームの正社員として勤務。一度は福祉の仕事を離れたものの、今は派遣スタッフとして自分にあった働き方で仕事に向き合っているそうです。

参考58歳で未経験から介護の仕事に挑戦!人生をポジティブに生きるために選んだ、今の働き方

50代以上が介護職で働くのは一般的なことになりつつあります。

介護労働者の比率を見ると訪問介護で60歳以上が3割を占めていました。

介護職は未経験からチャレンジできる環境が整っており、50代以上で介護職にチャレンジすることは今や一般的なのです

無資格の仕事は生活援助がメイン

未経験・無資格 介護職の仕事内容は生活援助がメインとなります。

介護補助でできる仕事は、食事の支度、衣類の洗濯、部屋の清掃など、要介護者の間接的な生活援助を行います。

参考無資格・未経験でも介護の仕事はできる!仕事内容と派遣で働くべき理由

無資格・未経験にできる仕事には限りがありますが、専門的な介護の仕事に集中するためにも必要な仕事です。

そのため、介護の知識がなくても役に立てる仕事をその日から従事できます。

介護職員初任者研修では年齢制限がない

本格的な介護のお仕事に必要な資格である介護職員初任者研修は16歳以上であれば誰でも取得できます

本人の能力や役割分担に応じたキャリアパス構築を行政主導で行なっているからです。

シニア世代に関わらず介護職では将来展望・キャリアパスの見えづらさから専門性の不明確さが目立っていました。結果、一定の経験を積んだ人のバーンアウトや、将来の見通しが立たないなどの理由から離職する人が多くいました。

そこで明確なキャリアパスとそれぞれのキャリアパス設計に応じて資質向上を得られるようにしているのです。

シニア世代で介護職を始めた人でも資格を取得し活躍できる環境は整っているのです。

シニア世代の介護職は年齢の近さが強み

シニア世代の介護職の強みは利用者様と年齢の近さにあります。

安心して利用するために円滑なコミュニケーションが取れることも大切だからです。

若い世代では体力があり、知識・技術がありますが、20~30年の年齢差のためコミュニケーションが難しいのです。

60歳以上の介護スタッフが多く活躍する株式会社ソラストの事例

「例えば、若いころにはやった懐かしい歌の話で盛り上がることは、たわいもないことかもしれませんが、ご利用者にとってはすごくうれしいことです。同じ時代を生きてきたからこそ、『あんなことがあったよね』という話ができるのは、大きな『安心感』の提供につながるようです。それが自立、そして元気につながるのだと思います」

参考介護職で第二のキャリアをスタート 60・70・80代が介護の現場で活躍中

シニア世代の介護は年齢の近さが安心感に繋がるため強みでもあるのです。

介護職ではシニア世代を募集する求人もある

介護職の求人では60歳以上を積極採用する会社があります。

働きたくても働けないアクティブなシニア層が多いからです。

「求人票では、多くの60歳以上の方が活躍していることを積極的に打ち出すようにしています。以前、『70歳以上の方もたくさん活躍しています』と記事作成したところ、60代後半の方から『これは本当ですか?』とたくさんの問い合わせをいただきました」

  • 自分にできる仕事があるのか
  • 体力的な不安
  • 求められているのか

こんな悩みを抱えているシニア世代は多いです。

しかし、介護職では「親の介護経験を生かしたい」「働きたいシニア」を積極的に採用する会社も増えているのです。

シニア世代の介護職の問題は派遣で解決できる

シニア世代の介護職の問題は派遣の働き方で解決できます。

介護職は体力的にキツい仕事です。シーツ交換、身体介助、見守り、買い物代行と日中の業務も多いです。腰への負担に不安を感じる人も多いです。

また、正社員であれば日勤と夜勤の不規則なシフトもあります。ひとえに介護と言っても施設によって求められる働き方が異なるのです。

派遣なら出来る仕事に合わせて派遣を決定します。週2日〜短時間勤務、近距離の派遣先と選ぶことができるの

シニア層が働いた実績のある派遣先も記録に残っているため、過去の評判も聞くことができます。これから「どのような施設なら働けるのか」と見当もつかない状態でしたら派遣会社に登録しましょう。

2〜3ヶ月更新なので小さく介護職を始める。サポートを受けながら働ける点でシニア世代の問題を派遣で解決できるのです。

シニア世代の介護職として求められる仕事を紹介してもらおう

シニア世代の介護職では求められる仕事はたくさんあります。

シニア世代の介護職は施設側の努力で仕事は作り出せるからです。

厚生労働省では69歳の介護職の採用事例を紹介していました。

福祉施設の清掃や材料の買い出し、調理、日誌作成など仕事が多く高年齢者に は無理があるという先入観が。ハローワークの助言により作業内容を一つ一つ見 直したところ、他の職員と分担したり、工夫することで高年齢者でも十分対応できることがわかり、年齢不問に。69歳の方から応募があり、年齢を感じさせない元気があったことや介護経験が豊富にあったことから、年齢にかかわらず人物本位で 採用した。

参考その募集・採用 年齢にこだわっていませんか?

介護職でも65歳で定年を設けている施設もあります。

65歳を過ぎると夜勤なし・非常勤・週4日までの介護補助職員として勤務し、シーツ交換、掃除、洗濯など他の介護職員の補助に入ります。

それでは役に立たないのでは?と心配されるかもしれませんが、専門的な介護に集中できるため非常に助かっているという声も多いです。

利用者様と年齢の近さだから提供できる安心感もあります。

今後、介護ロボット・ICT、配食・家事代行サービスなども導入し、シニア世代でも対応できる仕事が増えてきました。有資格者の事例ですが、無資格・未経験でも求められる仕事はたくさんあります。

できる仕事を紹介してもらえる派遣会社を通して介護職を始めてみてください。

シニアに安心の介護派遣会社

シニア世代に安心の介護派遣会社の特徴は次の3つです。

  1. 未経験・無資格OKの求人が豊富である
  2. 資格取得支援制度がある
  3. サポート体制の整っている会社であること
    (サポート面は働きやすい環境作りをする会社という意味です)

年齢制限による採用の可否は法律で禁止されています。どの派遣会社でも登録はできます。

しかし、派遣先の紹介ともなれば実績が重要視されます。

全国大手の介護派遣会社ほど多くの派遣実績があるため、シニア世代へのサポートも豊富です。安心して働くためにもサポートを受けながら介護職に挑戦してくださいね。

2019年4月8日

Copyright© 介護派遣会社ランキング , 2019 All Rights Reserved.