介護派遣会社ランキング|評判・口コミの良い人気 大手会社で安心の働き方

介護派遣会社ランキング

無資格・未経験でも介護の仕事はできる!仕事内容と派遣で働くべき理由

こんな方におすすめ

  • 無資格・未経験でもOKの求人多数
  • 働きながら0円で派遣資格が取れる
  • 派遣資格を持つコーディネーターがフォロー

無資格・未経験でも介護派遣は求められています

介護業界では人材の不足感から無資格の介護職員が求められています

平成26年 厚生労働省発表の「介護人材の確保について」によると2025年度までに237~249万人の介護職員が必要であり、介護職員の不足感が年々増しているからです。

(団塊の世代が全て75歳以上となる2025年には37.7万人の介護サービスの需要に対する介護人材の不足が最も顕著になると予測されています。)

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000075028.pdf

介護職員の不足している理由として

  • 68.3%が採用が困難
  • 19.3%事業を拡大したいが人材確保できない

と採用活動だけで8割の会社が人材不足を感じているのです。

そこで政府は、介護人材の拡大のために未経験者を含む「すそ野の拡大」のため、初任者向け入門研修の充実、キャリアパスの設計を進め無資格・未経験者が働きやすい環境を整備しました。

一つのモデルとして、60歳〜75歳の元気な高齢者が「介護助手」として老健施設で働く人材づくり事業を三重県にて行いました。

介護職が本来の介護専務に専念するためにも無資格からの介護助手が求められているのです。

参考介護人材の機能とキャリアパスについて

無資格・未経験の介護の仕事内容

無資格・未経験の介護の仕事内容は働く職場によって異なります。

老人ホームなどの介護施設で働く場合は「介護補助」。病院、 介護療養型医療施設で働く場合は「看護補助」という名称となります。

介護補助・介護助手の仕事内容は生活援助

介護移設で働く介護補助(介護助手)は、資格なしで介護の現場に携わる仕事です。

介護補助でできる仕事は、食事の支度、衣類の洗濯、部屋の清掃など、要介護者の間接的な生活援助を行います。

もっと具体的な例を紹介すると行政で行なった高齢者「介護助手」導入による介護職の専門職化のの事業モデルでは、「介護助手」の業務内容を3分類に分けています。

【Aクラス】

「介護助手」の業務内容
一定程度の専門的知識・技術・経験を要する比較的高度な業務
(認知症の方への対応、見守り、話し相手、趣味活動のお手伝い 等)

【Bクラス】

短期間の研修で習得可能な専門的知識・技術が必要となる業務
(日常生活動作に応じたベッドメイキング、配膳時の注意 等)

【Cクラス】

マニュアル化・パターン化が容易で、専門的知識・技術がほとんどな い方でも行える業務 (清掃、片付け、備品の準備 等)

施設によって異なりますが、研修などを通して仕事内容を教えてもらえます。

介護補助は、「有資格者の介護士が専門的な介護の仕事に専念してもらうため」であり、政府としても窓口を広げるためにニーズは増えています。

看護助手の仕事内容

病院、 介護療養型医療施設で働く看護助手は、看護師が行う医療行為以外の業務をサポートする仕事です。

仕事内容は入院中の患者様の食事、入浴、排泄補助、病室の清掃、シーツ交換、検査の付き添いなどです。

介護助手との違いは、看護助手の方が仕事の範囲が広いことです。

介護では、心身の障がいにより日常生活が困難な人に対して介護を行うため、専門的知識が必要となります。例をあげると「認知症の方は、出来事はすぐに忘れてしまうけど、感情は残る」という法則があります。この知識がある人とない人では介護に差が出ます。

そのため、看護師のような医療行為はありませんが、介助業務は無資格でも広くできるのです。

食事などで嚥下(ごっくんと飲み込むこと)が下手な患者様の場合は、初めは看護師が行い「〇〇な風に食べさせて」と指示が入ります。

介護補助・介護助手のできない仕事

介護補助は、排泄、食事、入浴の介助ができません。看護助手ではこれらの仕事ができます。

介護に関しては、排泄、食事、入浴の介助は有資格者でないとできないからです。

看護助手の方が広いため、資格を取り介護の世界で働くなら介護助手よりも看護助手の方がおすすめです。

無資格・未経験の介護の仕事で求められるスキルは人柄

かいご畑を運営するニッソーネットで介護事業所の採用担当者を対象に行なったアンケートでは、職員を採用する際に一番重視しているポイントで60%の方が「人柄」と答えていました。

介護の技術、知識レベルに関しては0.4%、0.0%とほとんど求めていない結果です。

資格の有無より、前向きな人、人のお世話が好きな人、コミュニケーション能力がある人など、支える仕事をしたいと思う気持ちを重視しています。

介護資格に関しては、資格取得を推奨する施設が多く職員のキャリアアップは求めていました。これから介護を行う方は無資格でもOKで、ゆくゆくはスキルアップをしてほしいと考える施設が多いことがわかります。

介護士の仕事は、人で行うものでなくチームで動きます。24時間365日途切れなく継続したケアを行うため、介護の技術よりも人柄が優先されるのです。

初めて介護で大丈夫なのかな…と不安な方は安心してくださいね。

初めての介護職で派遣をおすすめする3つ理由

3つのおすすめポイント

  • 無資格・未経験でもOKの求人が多い
  • 働きながら0円で派遣資格が取れる
  • 派遣資格を持つ人材コーディネーターがフォロー

無資格・未経験でもOKの求人が多い

初めての介護職で派遣をおすすめする理由は、無資格・未経験の求人が多いからです。

介護派遣会社では、無料資格が取れる環境を介護施設から評価され未経験・無資格OKの求人が多数集まっています。

介護業界では、介護施設の人材採用に苦戦しており正社員、パート、派遣と様々な雇用形態で募集をかけています。ただ膨大にありすぎてなかなか自分の希望にあった職場を探しにくくなっています。

でも、介護派遣なら、勤務時間、働く日数などの複数の希望から勤務地を探せて、勤務先に交渉を入れてくれます。

自分のライフスタイルに合わせた仕事を探せる未経験・無資格OKの求人の多さが一つ目のポイントです。

働きながら0円で介護資格が取れる

2つ目のポイントは、働きながら派遣資格が取得できることです。

派遣会社では、働きながら資格取得するサポートを行なっており、0円で介護資格が取れます。

自社で介護教室を運営している派遣会社なら、お仕事とスクーリングの調整してくれるため、スムーズに資格取得ができます。

見方を変えると派遣介護士は、派遣会社の商品です。無資格より、介護福祉士資格を取得している方が介護施設へ紹介する有資格者の人材が増え、収益が増えるメリットがあります。

当然、派遣で働く介護士の給料も上がり満足度が上がります。そのため、積極的なキャリア形成の支援を行なっているのです。

参考[介護 派遣 資格支援]のあるおすすめ派遣会社|取れる資格と選び方

パート・アルバイトの場合では、資格支援を行なっていない、資格手当をつけない施設があります。

介護補助からステップアップするには、介護初任者研修、実践者研修、介護福祉士と資格と取っていく必要があります。

最短でキャリアアップできる環境が整っていることを考えると正社員やパートよりも派遣が優れています。

正社員の場合は、資格取得よりも施設のスケジュールが優先されます。日勤、夜勤と変則的な勤務で体調を崩し「資格勉強できるわけない!」と不満の声がありました。

介護資格を持つ人材コーディネーターがフォロー

介護派遣では、介護資格を持つ人材コーディネーターがフォローしてくれます。

無資格、未経験から介護の正社員になる人もいますが、不規則なスケジュール・初めての仕事内容から悩み人も多いです。実際に介護の現場で働くとキツい仕事です。

でも、派遣なら介護施設と働き手の仲介に派遣会社の人材コーディネーターが入ってくれます

定期的に「お仕事にはなれましたか?悩みはありませんか?」と確認を取ってくれます。

職場とは異なる第三者(人材コーディネーター)が仕事環境についてフォローを入れてくれるため、安心して働けるのです。

無資格・未経験から介護の仕事は派遣でステップアップしよう

無資格・未経験から介護業界で働くなら派遣が安心できます

介護業界は、未経験の方でもやる気があれば介護職にチャレンジできます。

介護業界ではブラック介護施設と呼ばれるような利益重視の施設も少なからず存在してます。

未経験で不安がいっぱいでしょうが、いつでも相談できる場所のある派遣という働き方で、資格取得していき介護士としてステップアップしていきましょう。

投稿日:2018年10月5日 更新日:

Copyright© 介護派遣会社ランキング , 2018 All Rights Reserved.